MENU

ニキビとニキビ跡の違い

ニキビは多くの方が抱えるお肌トラブルです。でもニキビはできた時だけではなく、跡が残るのも厄介なところです。ニキビとニキビ跡にはこんな種類があります。

 

ニキビとは

ニキビはでき始めてから治るまで進行していくものです。そのため、ニキビいろいろな種類があり、やがてはニキビ跡となっていきます。ニキビは、次のように進行していきます。
まずでき始めにできるのが白ニキビです。白ニキビは、皮脂や垢、埃などが毛穴に詰まり皮膚に白いポツができ小さく盛り上がっていることもあります。まだでき始めのニキビなので一番治療しやすい段階です。次に黒ニキビに進行します。黒ニキビは、毛穴に角栓ができ、黒いボツボツ状の目立つニキビです。小鼻の周りにできやすいです。もう一つが赤ニキビです。毛穴に詰まった皮脂や埃が角栓となり、それが皮膚のアクネ菌と合成して炎症を起こします。そのため患部が赤くなり、かゆみや痛みがあることもあります。頬やあごなどにたくさんできると赤ら顔のようにも見えるニキビです。これらの段階で処置すればよいですが、放置してしまうとさらに悪化していきます。それが黄色ニキビです。黄色ニキビは毛穴の組織がダメージを受けて、この影響が肌の真皮の部分にまで及んでいます。白にきびにも似ていますが、白ニキビより色が濃く大きな瘤のようになり、なかに膿が溜まっています。2つに分かれたりしていることもあります。これを潰すと膿が出てきて、ニキビ跡になります。ニキビ跡として残らないようにするためには、それぞれのニキビを早い段階で完治させることが大切です。ニキビができたらニキビ跡にならないように、洗浄と保湿が必要です。

 

ニキビ跡とは

しかし、それが上手くできなかった場合はニキビ跡となってしまいます。ニキビ跡には、主に2つの種類があります。一つは色素沈着タイプです。炎症後色素沈着とも呼ばれ、赤ニキビでできた炎症が悪化して、茶色や紫のニキビ跡となり残った状態です。さらにこの部分に紫外線があたるとメラニン色素沈着も起こり、同時に2つの色素沈着が起こることになります。さらに色が濃く残るので、早めにビタミンC誘導体配合など化粧品を使って対策することが大切です。もう一つがクレータータイプです。ニキビ跡の中で最も重度なタイプで肌に大きな凸凹ができます。ニキビのダメージが肌の真皮の部分にまでおよび、真皮の細胞のコラーゲンが少なくなった状態です。そのため、肌が落ち込み凹凸ができます。治療にはダメージを受けた真皮のコラーゲンを取り戻すことが必要です。