ニキビ跡の原因

ニキビ跡ができる原因はいくつかあります。

 

一つ目は、赤みのあるニキビ跡です。これはよく赤ら顔のようなタイプの方に見られるあとで、頬や鼻のまわりなどにできやすいです。このニキビの炎症で皮膚の表面組織が弱くなり、そのために周りの毛細血管が活発に働くようになります。この毛細血管に流れる血液が皮膚を赤く見せるようになります。

二つ目が、濃いシミのようなニキビ跡です。このタイプのニキビ跡は、メラニン色素の影響でできます。メラニン色素は紫外線などにたくさん含まれています。通常であればメラニン色素は肌の新陳代謝により排出されるのですが、ニキビの炎症で弱った肌は正しいターンオーバーが行われなくなっています。そこでメラニン色素が排出されず、これが濃いシミの原因となります。

 

三つめは、肌の表面に凹凸のあるニキビ跡です。これはニキビにより肌の炎症が深層部へ影響を及ぼし、お肌の真皮層が傷つけられ、お肌に凹凸が生じます。特にこのような深いクレーター上のニキビ跡は後々まで残りやすく、早めに対処するほうがよいです。

 

四つ目が、ケロイド化したニキビ跡です。重度の炎症性ニキビで肌に硬く盛り上がったしこりができたものです。これはニキビ跡が肌の奥深くまで炎症を起させ、化膿が進んだのが原因で起こります。
このようにいくつかのニキビ跡の種類別に原因があります。

全身に分布しているリンパ管に並んで進んでいる血液の動きが鈍くなると、色々な栄養や酸素がうまく移送されず、結果として脂肪を多く溜めさせる元凶となります。肌の美白ブームには、1990年代の初めから次第に女子高校生などに支持されたガングロなど、不自然なまでに黒く日焼けする奇異なギャル文化への反論とも取れる考えが内包されているのだ。深夜残業、飲み会、深夜に及ぶスポーツ観戦・翌日の子どものお弁当作りや食事の準備…。皮膚に良くないということは知っていても、毎日の生活では十分に睡眠を取れていない人が多いのは明らかです。フェイスラインの弛みは不必要な老廃物や余分な脂肪が滞留することにより促されます。リンパの流れが滞ってくると老廃物が溜まって浮腫が発生したり、脂肪が溜まりやすくなり、弛みへと繋がります。さらに挙げると、お肌のたるみに大きく影響するのが表情筋。これは色々な表情を操る顔にある筋肉のことです。真皮に含まれているコラーゲンと同様、この表情筋の働きも加齢とともに衰えるのです。

 

寝る時間が短すぎるとお肌にどんな影響をもたらすのでしょうか?その代表格は肌の新陳代謝の乱れ。健康なら28日単位である肌の入れ替わる速度が遅れがちになってしまいます。患者によって肌の質は異なりますし、遺伝によるドライ肌なのか、後天的なものによるドライ肌なのかによって治療方針に関わってきますので、充分注意が必要とされるのです。ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、色素の強いシミを数週間単位で薄くして目立たなくするのにすごく効果のある治療法で、原因不明の老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・30〜40代の女性に多い肝斑・しつこく繰り返すニキビなどに用いられます。深夜残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、見逃せない深夜のスポーツ中継・次の日のお弁当に食事の準備…。皮膚に悪いというのは知っていても、毎日の生活では長時間の睡眠時間を確保できない人が多いのは明らかです。日光を浴びたことによって発生したシミを薄くするよりも、作られてしまわないように事前に対策を施したり、肌の奥に潜んでいるシミの補欠を防御する方が大切だということをご存知でしょうか。

 

洗顔せっけんなどできれいに汚れを取りましょう。ソープは皮膚に合ったものを使いましょう。皮膚に合っているようなら、安価なものでも構わないし、固形のせっけんでもOKです。外観をきれいにすることで気分が良くなりゆとりができるのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も違いはありません。私たちはメイクを自分の内面から元気を引っ張り出す最良の方法だと考えているのです。知らず知らずの内にPCに釘付けになっていて、眉間にしわ、且つ口はへの字(因みに私はこの形を別名「富士山ぐち」と勝手に呼んでいます)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。美容にまつわる悩みを解消するには、まず初めに自分の内臓の健康度をみてみることが、問題解消への第一歩です。それにしても、一体どのようにすれば自分の臓器の具合を調査できるのでしょうか。洗顔で毛穴の奥まで汚れを落とすようにしましょう。洗顔石けんは肌に合ったものを選びましょう。肌に合ってさえいれば、安い物でもOKだし、固形の洗顔石鹸でも構いません。