MENU

ニキビ跡を治すならモデル・芸能人も愛用する高濃度ニキビケア化粧品

 

もうやだぁ!こんなこと悩みたくない〜!

 

私もニキビ跡がひどくて、悩んでいました・・・。

  • ニキビの跡がシミのようになって何をしても消えない
  • メイクを厚塗りしてもまだ目立つし、余計に肌がボロボロ
  • 目線が気になる
  • マスクが手放せない
  • 今までニキビケア用品を使ったけど効果がない

食生活、生活習慣の改善もがんばっている。 ストレスも溜めこまないようにしてるし、睡眠時間も多く取るようにしている。 洗顔もちゃんとやってる!
なのに!全然治らない!

 

→ あごニキビとストレスの関係

→ あご・フェイスラインのニキビの原因

→ ニキビ跡の原因

 

一生治らないのかなって不安になりました。 なんとかしたい〜!そんな私の気持ちを知っている友達が、「雑誌でいいもの見たよ」って教えてくれたんです。 それが…これ!パルクレール美容液

でも、その時も使っていたんです。 ニキビケア用品。 それだって、リピートする愛用者が多くて、人気のあるものでした。 半年近くは使っていました。 だけど、なんだか効果がはっきりしない。 このまま使い続ければいいのかどうか迷っていました。
友達から「半年くらい使ってみて、効果を感じないってことは肌に合ってないってことなんだと思うよ。 変えてみてもいいんじゃない?いくら効果がある、愛用者がいっぱいでも、相性はあるよ。」と言われたんですね。

 

そこで思い切ってパルクレールに変えました。 それまで使っていたのが効果を感じられないという事もあったのですが…

  • 無添加処方で低刺激
  • オールインワンだからスキンケアが簡単
  • 美容成分たっぷり
  • 永久返金保証
  • 10秒でニキビが消えるカラーコントロール付き
  • 専任のお肌サポートに相談できる

ということに惹かれたからです。

 

パルクレール美容液6つの魅力

ニキビ跡いっぱいのお肌に化粧水、乳液、美容液…など重ねていくのって結構負担になります。 でも、このパルクレール美容液ならこれ1本で済んでしまう、オールインワンタイプ。 毎月化粧品にかける費用も抑えられるし、毎日のスキンケアも簡単。

メイクだってカラーコントロールを使えば、厚塗りをする必要がありませんでした。
他のニキビケア化粧品を使って効果が感じられなかったので、変えてはみたもののちょっと不安でした。 結果…。 ビフォーアフターの写真撮っておけばよかったって、後悔しています。(笑)
パルクレール美容液は肌にすごくなじみました。 スーッと浸透してくれます。 ベタつきなんてなく、サラッとしています。
半信半疑で使っていましたが、1週間くらい使った頃、お肌がもっちりしているのを感じました。
1か月経つ頃にはファンデーションのノリが全く違っていました。 肌のトーンも明るくなり、ニキビ染みがなんだか薄くなってきている!
鏡を見るのがうれしかったのを覚えています。 ニキビもできずらくなっていて、大満足していました。 このまま使い続ければ、すっぴん美肌になる!って思ったので、今も使い続けています。

 

って、こんな私の体験読んでもまだ半信半疑だし、怪しいと思っているかと思います。 そうですね。 これは、あくまでも私の個人的な感想だし、効果ですから。
私の場合は、やっと自分の肌に合うニキビケア用品に出会ったので、効果が出てニキビ跡・ニキビ染みを撃退しました。
あなたに合うか合わないかは私には分かりません。 だけど、使ってみないとその効果は分からないという事だけは言えます。
時間もかかります。 絶対に治すんだと思っているのであれば、ぜひとも使ってほしいなと思います。

 

あなたの顔に笑顔を取り戻してほしい!そう願っています!

 

 

パルクレール美容液の効果的な使い方

パルクレール美容液は、ニキビ対策や肌のトータルケアに大変有効です。これ1本で、ニキビケア、化粧水、乳液、美容液、化粧下地の5つの役目を果たします。今回は、パルクレール美容液の効果的な使い方をご紹介します。

 

ニキビケアを効果的に行うには

パルクレール美容液を効果的に使うのは、ニキビケアのタイミングが大切です。ニキビにもいろいろな種類があります。パルクレール美容液が有効なのは、でき始めのニキビや角栓が詰まった黒ニキビです。これらのニキビは、悪化すると炎症や化膿へとつながりますが、その前段階のニキビです。パルクレール美容液の成分は、肌を清潔に保ち、ニキビの悪化防ぐので、有効な使い方としてはニキビのでき始めにつけ始めることが大切です。パルクレール美容液の効果的な使い方としては、ワンプッシュ目は、ニキビの気になる部分につけ、2プッシュ、3プッシュ目はてのひらで液をよく温めてから、顔全体に広く塗り広げていきます。このような2ステップで、ニキビの原因となる菌の増殖や炎症を防ぎ、肌全体の保水・保湿やトーンアップもすることができます。

ニキビ跡ケアを行うには

パルクレール美容液は、ニキビ跡ケアにも効果があります。ニキビ跡の黒ずみや色素沈着にも有効で、毎日気になる部分に塗り込んでいくだけで、少しずつ黒ずみや色素沈着が目立たなくなります。この時にも先に2ステップでケアをしていきます。ニキビ跡が気になる部分に塗りこみ、その後顔全体に広げていきます。ニキビ跡として、クレーター状のニキビ跡もあります。パルクレール美容液は、クレーターニキビにも有効です。この場合、パルクレール美容液を毎日、肌の凹凸の部分に良く馴染ませていくと、少しずつ肌がなめらかになります。

 

乾燥肌の方は他の用品と併用も可能

パルクレール美容液は美容液にしては、さっぱりとしていて、つけ心地がベタつかないのがメリットです。そのため乾燥肌の方にとっては、パルクレール美容液の保湿力が少し物足りないと感じるかもしれません。そのような方はパルクレール美容液に合わせて保湿効果の高いクリームなどを併用することもできます。季節によっては、保湿クリームを使うとパルクレール美容液の有効性が高まります。特に目元などは乾燥が目立ちますのでアイクリームを補足するのがよいでしょう。パルクレール美容液の上手な使い方としては、パルクレール美容液をメインで利用しながら、肌の状態や季節によって、顔全体あるいは一部に補足的な用品を併用していくと効果が高まります。

 

大人ニキビの特徴

大人ニキビが思春期のニキビと違うということはこれまでにもお話しました。そこで今回は、特に大人ニキビの特徴についてお話します。

 

大人ニキビは再発しやすくて治りにくい

大人ニキビの特徴は、何度でも繰り返しなることです。そのためせっかくニキビが治っても同じ場所、あるいは違う場所に度々出来てしまいます。そして治りにくいのも特徴で、思春期のニキビのように皮脂分泌を抑えればよいというわけではなく、乾燥がニキビの原因になっていたり、ストレスやホルモンバランスが関係していることもあります。どう対処してよいかわかならいということもあるかもしれません。そのため、ニキビができたら早めの対処が大切です。

 

大人ニキビは跡が残りやすい

そして大人ニキビは治りにくく、跡が残りやすいといこともあります。特に加齢、睡眠不足、ストレスなどで新陳代謝が悪くなると、肌のターンオーバーが乱れて肌の再生がされにくくなります。その結果、古い角質がいつまでも肌に停滞して、新しい肌に生まれかわりません。ニキビの場合、いつまでも治らない状態で肌に沈着して、それがやがて悪化するとニキビ跡となります。

 

大人ニキビは1年中なる

思春期のニキビは汗や皮脂が原因なので、これらの分泌が高まる夏になりやすくなります。一方で、大人ニキビはおとなニキビは季節にかかわらずなるのが特徴です。むしろ冬は乾燥してニキビができやすく、肌の新陳代謝が悪くなるためにニキビ跡にもなりやすくなります。大人ニキビは夏より冬のほうがなりやすいともいえます。冬場は、肌に水分が少なく栄養も不足しがちですので、一度ニキビができると治りにくくなります。

 

大人ニキビはあごや頬にできやすい

思春期のニキビは額や鼻など皮脂の分泌の多い部分にできやすいです。背中などの体にできることもあります。一カ所から広がって広範囲に及ぶこともあります。一方で大人ニキビは、あごや頬などにできることが多いです。これは、ほおづえをついたり、あごをさわるクセがある方は菌が繁殖してできやすくなるなどが考えられます。

 

大人にきびの原因はより複雑

以前にもお話しましたように大人ニキビは原因はより複雑です。思春期のニキビのように皮脂分泌だけが理由ではないので、ケアの方法もそれぞれに応じたケアが必要です。そのため大人ニキビのケアは、早めに対策してニキビ跡にならないようにしっかりと適切な方法で行うことが大切です。

 

ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|ニキビ跡 治す|

 
更新履歴